ポケットWiFi

一人暮らしにとって光回線とWi-Fiルーターはどっちが便利なの?

一人暮らしを始めようとした時に、インターネットの環境をどうするか悩みませんか。パソコンやゲーム機器を一人暮らしでも使用したいなと考えているけれど、契約にはどんな方法があるんだろう、と悩んでいる方必見。光回線とWi-Fiルーターの2種類について、メリットとデメリットをまとめました。

モバイル式のWi-Fiルーターについて

Wi-Fiルーターは手のひらサイズほどのモバイルWi-Fiルーターという機器を回線契約、機器の購入をしたら使えます。スマホやパソコンからWi-Fiルーターにインターネットの接続設定をすると、Wi-Fiルーターを経由してスマホがインターネットに接続します。

Wi-Fiルーターのメリット

携帯電話は持ち運べば電波が入るところではどこでも通話ができますよね。Wi-Fiルーターの契約する電波が入るエリアでは、どこでもインターネットにつなぐことができます。そのため、家でも外でもWi-Fiルーターを持ち運べばインターネットにつながるところが魅力です。もし引越しした場合でも家ごとに契約する光回線と違い、工事の手間が省けるのが特長。また、買ってすぐ使えるので設定も比較的簡単です。

Wi-Fiルーターのデメリット

モバイルWi-Fiルーターの多くは、1ヶ月に使えるネットの使用量に制限があるプランが多くあります。なかには使い放題のプランもありますが、通信速度は光回線には劣り、有線でなく無線でつなぐのでインターネットの接続が不安定になりやすいです。Wi-Fi対応機器でないと接続できないため、古いパソコンは非対応の可能性があります。

光回線について

光回線はアンテナを自宅の中まで引っ張ってきて、専用機器を置くことで自宅がインターネットを使える環境になります。接続させたい機器とモデムをLANケーブルでつなぐのと、無線ルーターを購入しWi-Fiで接続する方法のどちらも利用できます。

光回線のメリット

回線を自宅まで引いてくるので電波がとても安定しています。速度制限がないプランが主流で、高速通信ができるので快適です。スマホ、パソコンをつなぐのはもちろん、通信が安定しているのでプレイステーションやWiiといったテレビゲームなどのオンラインゲームができるゲーム機器での通信もストレスを感じにくく利用できます。

光回線のデメリット

戸建てやマンションにより契約するプランの金額が変動します。取り付け工事に費用がかかるため引越しした場合は、回線工事を引越し前と引越し先でしないといけないので時間と手間がかかります。光回線業者と接続するプロバイダの会社両方への手続きが必要です。自宅内ではネットがつながるのですが、外出すると接続ができないため外では使えなくなります。

おすすめキャリアとおすすめプラン

モバイルWi-Fiルーターなら、UQ WiMAX

UQ WiMAXは最新のWi-Fiルーターで、エリア内で使うとネット速度が440Mbps。使い放題のプランが月々4,380円、7GBまで使えるプランが月々3,696円です。440Mbpsエリアの普及は他のキャリアよりも先取っているため、使用可能なエリアは広いといえるでしょう。

光回線ならフレッツ光

光回線の大手会社でいえばフレッツ光が有名です。プランは一戸建てとマンションタイプで分かれています。一人暮らしの建物がアパートやコーポタイプだと、一戸建ての料金になる場合があります。料金は一戸建てならWeb光もっと2割適用で月々3,810円が6年間続き、マンションタイプは月々2,930円が6年間続きます。これにプロバイダ料金がプラスで800円から1,200円かかります。プロバイダは選択できます。

現在持っているスマホのキャリアで確認してみよう

現在はインターネット接続サービスが普及しているので、Wi-Fiルーターも光回線もキャリアごとにサービスが豊富に用意されています。またキャリアによってはスマホのセットでの購入で月々を割引いてくれるプランがあるので、お持ちの携帯会社で見積もりをしてみるのもオススメです。

まとめ

一人暮らしでずっと家にいる人や、ゲーム、動画を視聴する人は、取得するデータ量が大きいため使い放題プランで、回線が安定した光回線がオススメ。転勤をする可能性がある人、普段から外出が多い場合はWi-Fiルーターが移動に便利なので、どちらにするかは利用状況を想定してみましょう。料金もですが、1ヶ月に使う量や使い方も見直してみるといいですよ。