プロバイダ

ONLY光を解約するにはどうする?解約手続きの方法や基礎知識

通信回線の中でも速度の速い光回線は、今や一般的になりつつあります。このため光回線をメインとしたプロバイダも多く登場してきており、大手の通信事業と連携した企業もどんどん増えています。そんな光回線の契約はすんなりできても、解約はなかなか手間のかかるもの。今回はONLY光の、契約解除における手順や知識をご紹介します。

ONLY光とはどんなプロバイダ?

ONLY光はNTT東日本やNTT西日本が展開している、光回線を利用したONLY SERVICEが運営するプロバイダ企業です。主にフレッツ光を中心としたサービスを展開しており、NTT東日本やNTT西日本の光回線を利用した事業展開は「光コラボレーション」として知られてます。本来光回線を初期で利用する場合、光回線とプロバイダの2つの契約が必要でした。

しかし光コラボレーションの企業であれば契約を一つにまとめることができ、料金の支払いも一度で済みます。これは他の光コラボレーションを展開しているプロバイダも同様のシステムで、月の基本料金こそ違いますが、それぞれが独自のオプションサービスを用いて差別化を図っています。ONLY光でも同様に光回線のフレッツ光をベースにしたサービス展開を行い、快適なネットライフの強い味方となってくれます。

ONLY光での利用金額は、初期費用として2,000〜18,000円が必要になってきます。月の基本料金は戸建てのファミリータイプで4,980円(税抜)、集合住宅のマンションタイプは3,980円(税抜)が必要です。ONLY光ではフレッツ光を利用している方でも、転用としてプロバイダを気軽に変更することができ、フレッツ光のサービスもそのまま利用ができます。なお、ONLY光ではルーターのレンタルも行っており、こちらは月々500円が別途必要です。

ONLY光の契約解除するには?違約金の発生や基礎知識

ではONLY光を解約するためにはどんな準備が必要で、違約金の発生はあるのでしょうか。一般的にプロバイダは一度契約をしてしまうと利用規約が適用されます。特に利用年数は一定の期間縛られることになるので、契約の前にあらかじめ知識として知っておく必要が出てきます。多くのプロバイダは利用期間として2年〜3年の指定をします。ONLY光も同様で2年間の最低利用期間を求められます。

このため最低利用期間を満了せずに解約をしたい場合には、違約金が発生します。ONLY光の場合、契約の時点でプロバイダとONLY光の2種類を選択しています。このため一度解約してしまうとその2つの契約が一気に解除されてしまうので、ネット回線自体が利用不能になることを理解しましょう。ONLY光を解約する場合は、あらかじめ他社のプロバイダと先に契約をしておくとスムーズにネット回線の移行ができます。

ONLY光の契約解除には契約解除料として別途料金が発生します。これは上記の通り、ONLY光とプロバイダの解約料金です。細かく言うとONLY光では9,500円(税抜)、プロバイダでは5,000円(税抜)が発生し、合計で14,500円(税抜)が加算されます。このため解約料金もほかのプロバイダと比較すると高価格となってしまうので、契約の段階でしっかり吟味しておく必要があります。

ONLY光の契約解除の手順まとめ

ではONLY光の契約を解除するには、どのような手順になっていくのでしょうか。ONLY光での解約は主に電話でのやり取りが中心です。これにはまず公式サイトに記載されている連絡先をメモしておきましょう。そして契約の際に契約書も入手した手元に持っておきましょう。あとはお問い合わせ先の番号に連絡をし、オペレーターにつながるので解約の意向を伝えます。

そうするとオペレーターからさまざまな情報が求められるので、契約書を確認しつつ答えていきましょう。すべてに回答し終えたら解約手続きの完了です。このときレンタルのサーバーを利用している方は返却も求められるので、指定の住所に発送をしましょう。ONLY光は月に支払っていた基本料金は日割りされません。このため解約を行うタイミングは月末に行うのが良いでしょう。

まとめ

ONLY光の契約を解除する際は違約金の発生もあり、他のプロバイダよりも高額になってしまいます。このため契約の段階でしっかり吟味していくのが良いでしょう。ほかにも解約をしてしまうと光回線の解約にもなるので、十分注意して手続きを踏んでいきましょう。